読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまり。

 

これはとある旅人の話。

 

 

 

 

 

澄み渡る水にポツンと浮かぶ菖蒲の花をのぞみ、

 

ちょこんと座っていた人がいた。

 

仕事の疲れを癒しにでも来ているのだろうか。

 

汚れた服を着ている。髪型はぺしゃんこ。

 

それでも静かに自然の織りなす景色、音を堪能していた。

 

 

と、思う。

 

ポケットに入れている携帯が『ピョコ、ピョコ』と連続して鳴っている。

 

気が付いていないわけがない。

 

 

ただ10分くらい放置したあとに、徐にポケットに手を伸ばし、真っ赤に染まったアレを取り出したのだ。

 

 

 

その赤いアレをめくり、覗き込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

10秒ほどたっただろうか。

 

 

いきなり途轍もないスピードでアレに向かって連打を始めたのだ。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

音はない。ただ、早い。

 

15秒ほど連打を繰り返したと思ったら、すっと立ち上がり、去って行った。

 

 

世間は明日からゴールデンウィーク

 

彼に何が起きようとしているのか。この時、誰も知る由はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

と思う。

 

 

 

----------------------------------

 

翌日、パソコンを開いた。

 

しばらく何かを検索したあと、ごはんを食べに出かけた。

 

帰ってくるやいなや、パソコンの前に座った。

 

 

 

 

 

画面には、小さなキャラクターが表示される

 

いろんな顔、髪型が替えることができ、納得がいくまで吟味してから

 

名前を付けた。

 

 

 

 

 

 

名前は、

「Piro Izu」

 

 

Piroは、仲のいい友達にぴっちゃんとか、ピロさんと可愛い感じで呼ばれていたために、即決定。

 

Izuは最近可愛いファッションモデルいるなとおもって、悩みに悩んで決定。

 

 

 

 

こうしてとある旅人は、

 

「Piro Izu」という名前をつかい

 

ファイナルファンタジーⅩⅣの世界に飛び込んでいった。