読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始動する話2

さて、会議の日。

 

 

といっても、LS(リンクシェル)を使ったまったりとしたチャットではじまる。

 

 

 

「そういえば、FCてどうやって作るん?5人必要っていうのだけは知ってるけど」

 

 

ゲームを始めてから駆け足で、約2ヵ月足らずでメインストーリー最新まで進んでいたピロが質問する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥などないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「グランドカンパニーのところで、マスターになる人がお金払って作れるはずだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

お、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカネ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいいいいいいったいいくらなんだ、、、、

 

 

 

 

50万か、、、、、100万か、、、、、

 

 

 

 

みんなの持ち金がなくなる~~~~(と心で叫びながら)

 

 

恐る恐る

 

f:id:hirao21:20170217133633j:plain

 

 

 

 

「15000ギル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

やっす!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

こうして、オカネの話は消え去っていき

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、誰がマスターになる?っていう話につながっていく。

 

 

 

 

 

 

 

「多数決でいいんでない?」

 

 

おしゃべりピロ。

 

 

「いいじゃね?」

 

ていう感じで票を入れていくことにした。

 

 

まず、「兄さんが良いと思う人~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人が手をあげ即決定。

 

その前にピロがいいと思う人と聞いてトシだけが挙げてくれていたのを

いつまでも忘れることはない。

 

 

が、しょせんピロはそんなところである。

 

 

 

縁の下の力持ちに全力を注ぎたいピロは安心していた。

 

 

 

とまあ、今回はここまで。

 

 

続いての指導する話3では、名前について書いていこう。

 

 

 

始動するお話

これは、とある旅人がFCを作っていくお話である。

 

 

 

「ぽぽろーん。そろそろ、FCとか作っても良い頃じゃないかーい。」

 

両手で杖を持ったピロは、おもむろにとある女性に声をかけた。

 

 

「そだねぇ。」

 

いつもは、考えとく~と緩やかな返事をしていた彼女は、

 

今日に限っては返事が違った。

 

 

装備や家具などを作るクラフター職を始めたポポロン

それなりにレベルが上がり、

様々なモノが作れるようになったためだろうか。

ハウジングというFCのお家に憧れや、

便利機能(タンス、移動テレポの割引)などなど

欲しくなってきたのであろう。

 

 

はたまた

 

 

一緒におしゃべりしながら同じ目標に向かって遊ぶ時間が恋しくなったのだろう。

 

 

 

もしくは

 

 

両方か。

 

 

 

 

 

とあるFCを抜けたピロ、ポポロンは当時から一緒によく遊ぶ

 

兄さん、トシ、ななぽんに声をかけることにした。

 

 

 

 

ゲーム内にINしていることを確認した我々ふたりは、

 

勇気を振り絞って

 

 

「FC作ろうぜ!!!!!!」

 

 

「ええよ!!!!!!!!!!!!」

f:id:hirao21:20170215183555j:plain

トシの即答である。

 

 

「誰がマスターする?」

 

賢い兄さんの発言である。

 

 

ななぽんも口数少なめではあったが、乗り気になってくれていた。

 

 

 

 

 

こうしてピロは、4人のフレンドたちと、

 

 

会議を開くことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

続く。

はじまり。

 

これはとある旅人の話。

 

 

 

 

 

澄み渡る水にポツンと浮かぶ菖蒲の花をのぞみ、

 

ちょこんと座っていた人がいた。

 

仕事の疲れを癒しにでも来ているのだろうか。

 

汚れた服を着ている。髪型はぺしゃんこ。

 

それでも静かに自然の織りなす景色、音を堪能していた。

 

 

と、思う。

 

ポケットに入れている携帯が『ピョコ、ピョコ』と連続して鳴っている。

 

気が付いていないわけがない。

 

 

ただ10分くらい放置したあとに、徐にポケットに手を伸ばし、真っ赤に染まったアレを取り出したのだ。

 

 

 

その赤いアレをめくり、覗き込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

10秒ほどたっただろうか。

 

 

いきなり途轍もないスピードでアレに向かって連打を始めたのだ。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

音はない。ただ、早い。

 

15秒ほど連打を繰り返したと思ったら、すっと立ち上がり、去って行った。

 

 

世間は明日からゴールデンウィーク

 

彼に何が起きようとしているのか。この時、誰も知る由はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

と思う。

 

 

 

----------------------------------

 

翌日、パソコンを開いた。

 

しばらく何かを検索したあと、ごはんを食べに出かけた。

 

帰ってくるやいなや、パソコンの前に座った。

 

 

 

 

 

画面には、小さなキャラクターが表示される

 

いろんな顔、髪型が替えることができ、納得がいくまで吟味してから

 

名前を付けた。

 

 

 

 

 

 

名前は、

「Piro Izu」

 

 

Piroは、仲のいい友達にぴっちゃんとか、ピロさんと可愛い感じで呼ばれていたために、即決定。

 

Izuは最近可愛いファッションモデルいるなとおもって、悩みに悩んで決定。

 

 

 

 

こうしてとある旅人は、

 

「Piro Izu」という名前をつかい

 

ファイナルファンタジーⅩⅣの世界に飛び込んでいった。